2010年05月13日

滋賀県知事選 ダブル選狙いで“暫定日程”(産経新聞)

 今夏の滋賀県知事選で、県選管が参院選との同日選を目指して、珍しい“暫定日程”で臨んでいる。想定日は7月11日。投票率アップや経費節減からダブル選をねらうが、国政の日程次第で投開票日を変更するという。ただ、タイムリミットは知事任期満了の7月19日。それ以降になれば単独選になるとあって、政党関係者らは気をもむ。

 総務省によると、7月に予定されている知事選は滋賀県のみ。県選管は3月26日に委員会を開き、6月24日告示、7月11日投開票と決めた。ただ、参院選の投開票が別の日に設定されれば「日程を変更する」としており、あくまで暫定措置。珍しい試みだが、平成10年の知事選でも7月5日に決定後、参院選にあわせて日程を一週間ずらした。

 ダブル選にこだわるのは、経費節減と投票率向上が期待できるためだ。県選管によると、参院選と同日選となった10年の知事選の投票率は65.96%。一方、単独選では14年が38.67%、嘉田由紀子知事が初当選した前回18年も44.94%と低迷。経費についても、同日選は単独選に比べて人件費など約2億円を削減できると試算している。

 参院選は、通常国会が予定通り6月16日に閉会すれば、公職選挙法の規定に従い、会期末から24〜30日以内に実施される。7月11日が投開票日として有力だが、重要法案の審議が停滞気味で会期延長の可能性もある。

 今回改選の参院議員の任期満了は7月25日。国会はこの日まで会期末を延長でき、参院選投の開票日は8月24日まで可能に。一方、知事の任期満了は7月19日で、参院選がそれ以降になればダブル選はなくなる。

 県選管は「7月11日が理想だが、国政の日程はこちらからどうにもできない」と頭を抱え、政党関係者も「日程がはっきり決まったほうが気持ちや準備の面で楽」ともらしている。

 知事選では、嘉田由紀子知事が再選出馬を表明しているほか、共産党が候補の擁立を模索している。

【関連記事】
菅財務相、子ども手当現物給付に理解
日本創新党、来週にも参院選候補発表 「橋本大二郎氏と連携したい」
首相退陣なら『小鳩連合』VS前原、岡田の権力闘争に 民主幹部が見通し
橋下新党、大阪市議補選が試金石に
緊張感高まる社民党 連立離脱も視野に
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

徳島県が防災・安否確認「すだちくんメール」開始(産経新聞)
「GReeeeN」の街にグリーンカレー(読売新聞)
<普天間移設>首相、一部受け入れ要請 徳之島3町長拒否(毎日新聞)
米大統領どこまで理解?まだ判断つかず…首相(読売新聞)
<ドリームジャンボ>発売 名古屋駅前には100人が列(毎日新聞)
posted by イナ マサコ at 16:44| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

人-妻3人相手にしてきたけど、マジやっべぇな!!!!
フェラ-チオ×アナ-ル×ディープキスの三点攻めで、オレ喘ぎまくりだっつの!!
しかも3人合わせて18万ももらえたぜぇぇぇ!!(゚∀゚)
http://imageoff.net/eken/bz0yfp9/
Posted by 飢えた主婦は野獣だな! at 2010年05月16日 07:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。