2010年03月18日

トキ襲ったのは「テン」 天井付近から侵入か(産経新聞)

 佐渡トキ保護センター(新潟県佐渡市)の野生復帰ステーション順化ケージで、放鳥に向け訓練中だったトキ9羽が死に、1羽が負傷した問題で、環境省は11日、トキを襲った小動物がテンと判明したと発表した。雪の上に残された足跡から分かった。センターの金子良則獣医師によると、ケージの天井付近に侵入したような跡があり、ここから入った可能性が高い。

  [フォト]ケージ周辺にはテンの足跡が…

 監視カメラに記録された音声でトキの鳴き声を分析した結果、通常とは異なる大きな声で鳴いている時刻が10回あり、その前後に襲われたとみられる。鳴き声があったのは、9日の午後8時17分から午後11時17分にかけての計9回。10日は午前5時45分の1回。

 環境省によると、10日夕方時点の監視カメラの画像でもケージ内に小動物がいるのが確認されており、テンがケージ内にとどまっているとみて捕獲用のわなを仕掛ける準備をしている。

 野生復帰ステーションでは11日、環境省やセンターの職員らが、侵入経路を特定するため調査を始め、金網に小動物が入りこむすき間がなかったか調べた。

 テンはネコ目イタチ科の哺乳(ほにゅう)類で本州、四国、九州の森林に生息する。体長約40〜50センチ。夜行性で野鳥、ネズミ、昆虫、木の実などを食べる。

【関連記事】
佐渡のトキ8羽死亡 2羽瀕死、外敵が襲撃か
センター内で飼育のトキが今年初の産卵 順調なら1カ月で孵化
初めて枝渡しに成功、トキの繁殖の期待高まる 新潟・佐渡
トキ2次放鳥の雌も本州へ 関係者やきもき
トキ10羽を中国に返還 佐渡で繁殖、引き渡し署名

茨城空港 開港、第1便飛び立つ 国内98カ所目(毎日新聞)
厳しい就活戦線 モバイル駆使、「即時性」加速(産経新聞)
エゾバフンウニ ラッコに3トン食べられて壊滅状態 根室(毎日新聞)
「仕返し」ハトふん害、隣家に216万賠償命令(読売新聞)
温室ガス総量規制が軸、原発推進明記…基本法案(読売新聞)
posted by イナ マサコ at 20:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。