2010年03月27日

今度は機密費巡って閣内不一致 鳩山内閣に「調整機能ナシ」(J-CASTニュース)

 官房機密費を巡って鳩山内閣が混乱状態だ。鳩山由紀夫首相が機密費の用途を公開する方針を示したのにも関わらず、平野博文官房長官が翌日には否定。首相と官房長官で意見が全く一致しておらず、政治アナリストも「内閣がバラバラで、調整機能がない」とあきれている。

 鳩山首相は20010年3月23日行われた衆院予算委員会で、内閣官房報償費(機密費)について、「4月から全ての支出をチェックする。適当な年月を経た後、全てを公開するよう準備にとりかかっている」と述べ、4月以降の機密費の使途を一定期間おいた後に公表する考えを表明した。

■官房長官が首相発言を否定

 また、同日夜にも首相官邸で「前政権では、官房長官からどこに行くか記録にとどめていない。これは大きな問題だ」と指摘。平野官房長官には、今後機密費の支出を全て記録するよう指示を出したと話した。

 だがその翌24日午前の会見で、当の平野氏が「(機密費を)5年後、10年後にオープンにすることで、情報が本当にもらえるのか懸念する」と述べた上、「国益にプラスなのか考えなければならない。首相にも申し上げたい」とし、機密非公開に否定的な見方を示した。

 民主党は野党時代、機密費の支払いを記録する法案を提出するなど、透明化に積極的に動いていた。だが政権交代後、それまでの党の方針とは裏腹に、平野氏が一貫して消極的な姿勢を見せている。09年9月、官房長官に就いて間もないころには、機密費の存在自体を知らないとはぐらかした。10年3月10日にも、官房長官就任後、官房機密費として毎月6000万円を国庫から引き出していたことは認めたが、「国益を損なう」として使途は公開しなかった。

■「鳩山首相のリーダーシップのなさ露呈」

 官房長官が首相が示した方針を翌日に否定するなど考えられない事態だ。政治アナリストの伊藤惇夫さんは、「官房機密費はそもそも公開していいシロモノではありません。ただ、10年、20年経ってから公開すれば問題ないだろうと思うのですが、それすらできないというのは解せません」とした上で、

  「支持率が落ちていますし、それを挽回しようと鳩山さんが公開すると言ったのに、それを翌日に官房長官が否定するのは、内閣がバラバラで調整機能がないということです」

と指摘する。平野氏が、官房長官にも関わらず補佐役に徹していないからだ。米軍普天間基地移設問題などでも、外部に持論を述べて却って混乱を招いている。平野氏は3月24日に、鳩山首相が示唆した普天間基地の継続使用の可能性について「そういう可能性があると導くのは過大解釈」と話し、対立していた。

 勝手な言動で度々内閣を混乱させている平野官房長官。伊藤さんは今回の機密費を巡る不一致について

  「鳩山首相のリーダーシップのなさが改めて露呈したということでしょう」

と話している。


■関連記事
外交機密費上納の「闇」民主が使途公表NGの理由 : 2010/02/09
民主「過去との矛盾」また露呈 今度は「機密費」でウソと豹変 : 2009/11/06
「官房機密費」民主党の変身 透明化推進から存在自体を否定 : 2009/10/14
地域の事情で済ましていいのか AEDとCPR「日米の浸透差」 : 2010/03/18
「日本ではもう働けない」 海外移住を決意した人たち : 2010/03/15

拉致支援法案が衆院通過(時事通信)
事業認定取り消し請求を棄却=静岡空港訴訟で反対派敗訴−静岡地裁(時事通信)
自衛官自殺偽装で5人起訴=元保険会社の妻が殺害依頼−仙台地検(時事通信)
<愛子さま>天皇、皇后両陛下と御所で昼食(毎日新聞)
糖尿病治療+観光ツアー、徳島県が世界にPR(読売新聞)
posted by イナ マサコ at 14:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

ラッコの赤ちゃん死亡 一般公開を見合わせ サンシャイン国際水族館(産経新聞)

 東京・東池袋のサンシャイン国際水族館で今月14日に誕生したラッコの赤ちゃんが死亡した。死亡したのは21日で生後わずか1週間での出来事だった。

 同館によると、ラッコの赤ちゃんは14日午後10時すぎ、同館の雄ラッコ「ルーチ」と雌ラッコ「ミール」の間に誕生。当初はミールの母乳を飲むなど順調に育っていたが、公開を検討しはじめた20日午後になって体調を崩し、21日午後3時半ごろ、スタッフの看護も実らず死亡した。

 このため、同館ではミールの健康状態を安定させるためとして、ラッコの一般公開を見合わせており、健康面の心配がなくなった段階で再び公開する予定。

【関連記事】
観客「シャチが腰のあたりをくわえて…」 女性調教師死亡で証言
抱きつきカンガルー「ハッチ」逝く 飼育員が語る秘話
命の感動ありがとう 頑張れココア 四肢障害トラ急逝1カ月
国内最高齢のゾウ「ウメ子」逝く 小田原
栄養失調でトラ11頭死ぬ 中国の動物園、餌不足で
20年後、日本はありますか?

「エコポイントは私の理論」??? 巨額詐欺事件のL&G元会長(産経新聞)
交通安全講習 受講で温泉や眼鏡安く…秋田県で高齢者向け(毎日新聞)
<卒業証書>有山楓ちゃんに 04年奈良で誘拐、殺害される(毎日新聞)
文化財保護法違反 死んだ雌ジカ 妊娠していたと判明(毎日新聞)
<新潟市美術館>かびやクモ発生…何が起きていたのか(毎日新聞)
posted by イナ マサコ at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

北朝鮮へ化粧品など不正輸出 経営者ら有罪(産経新聞)

 北朝鮮に日用品などを不正輸出したとして、外国為替法違反(不正輸出)などの罪に問われた貿易会社「スルース」(大阪市中央区)の実質経営者、中西伯子(62)と同社社員、池山正記(73)の両被告と法人としての同社に対する判決公判が18日、神戸地裁で開かれた。

 奥山豪裁判官は「計画的かつ巧妙だが反省している」として、2被告に懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)、同社に求刑通り罰金200万円をそれぞれ言い渡した。

 判決によると、中西被告らは昨年9月〜今年8月、神戸港から化粧品や食料品など計約4万7千点(計約1100万円相当)を中国に輸出すると見せかけて、虚偽の申告を神戸税関に提出するなどし、北朝鮮に不正輸出した。

【関連記事】
北朝鮮不正輸出事件初公判 貿易会社役員ら起訴内容認める
北不正輸出 幹部が発注主導、秘密ルート構築
関税法違反で大阪の貿易会社役員ら告発 北朝鮮への不正輸出で
北朝鮮に日用品不正輸出、貿易商ら逮捕 党幹部も特定 兵庫県警
北朝鮮デノミの真相 体制延命を図る賭け

IMJ、プロモーション促進ツール「プロモッティ」 提供開始
「裁判員裁判は違憲」と控訴=覚せい剤事件の被告側−東京高裁(時事通信)
未成年女子の飲酒率増加を懸念―アルコールシンポ(医療介護CBニュース)
千葉県警元警部補 覚醒剤使用「間違いありません」 地裁初公判(産経新聞)
陛下、東ティモール大統領と会見(時事通信)
posted by イナ マサコ at 14:21| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。